スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

-

御旅山リベンジ、完遂す

 なんだかんだと実行に移せなかった歩き。もういいかな〜とも思ったが、やると言ってやらないのも消化不良な感じでしっくりこないので...

高速バスに乗り遅れ、結局JR御着駅には9時40分ごろ着。駅を出て線路沿いを西。住宅のなかを歩き初めて気がついた...

「暑い...」

朝、ちょっと冷え込んだようだったから、厚着してきたが、半袖でも行けるくらい。
淡路よりも気温高いか?

今回のルート
--
--

御着駅前のロータリーを出て左折、駅の南側へ進み住宅街を抜け、山の麓の小学校脇の路地を進むと登り口が見えてきました。

登山道は行く人も多いのか、よく踏み固められいて、またこの時期なら下草も枯れてほとんどないので歩き易い。けど、岩が露出してたり、雨で洗われていたりして、ちょっと荒れ気味か。しっかりした靴底でないと穴開きそうです...

しばらく歩くと東屋、さらに進むとお寺の建物。その正面方向に進むと小富士山。頂上付近は平場になってて開けてます。本来なら淡路島の方向も見えると思うんですけど、ちょっと霞んでて残念。

つづいて、西向かいに見える仁寿山へ。一回下って尾根筋を進みます。山頂付近にはなにやら構造物がたくさん見えます。これは...テレビ電波の中継局ですね。西浦ならここか、三木か、どちらかの電波を拾っていることになりますね。

写真中央を貫いている道路は姫路バイパス。

アンテナだらけの仁寿山を南に下っていくと姫路バイパスのすぐ脇に下りてきます。

バイパスの上にかかる橋を渡り、さらに南へ。

つぎは御旅山を上ります。

頂上付近には東屋も。見晴らしも良く・・・あれ?なんだかえらく殺風景な気がするが...


山焼き?なんだか立ち木が真っ黒で、ハゲ山みたくなっていますが、あとでググったらどうやら山火事があったらしい。おーこわ。こんなところで火がついたら、消せませんよね...

どこか途中のコンビニで昼飯を買って...と思っていたが、道中一軒も無く、しかたなく補給食を食いつぶしてランチ代わり。

杖がたくさん。ここまでくれば山道ももうすぐ終わり。

灘のけんか祭りでおなじみですね。千枚田のように見えますが、これ全部桟敷席。すごいですね。

...さて、予定ではここから山陽電車白浜の宮駅まで行って帰るだけだったんですが、ある人の「姫路まで行ったのなら赤壁に行かなきゃね〜」悪魔のささやきに唆されて(;^_^A
ちょっと脚を延ばしてみたら...

ふだん歩いてないのに急に歩いたりして大変なことに。脚の、あらゆるところが痛くなってきました...(,>_<,) なんとか最後の坂を上りきり、断崖の上へ。空気がすっきり澄んでいれば、淡路島も見えたことでしょうね。

歩いてみると、自転車に必要な部位しか使われてないことがよくわかりました。
たまには歩きも入れて、バランスのいい脚を作らないと...(;^_^A

comments(3)

リベンジのリベンジするのだ

 今度こそ・・・いや、半ばどうでもいいんですけどね。
気が向いたらやります、リベンジのリベンジ御旅山。

■ 3月17日(日) AM9:00 御着駅から歩き始め、な感じで。

雨の多い季節になってきました。当日降ってなくても、前日降ったら足もと悪そう。
そんなときは、「ヤメ」です(;^_^A
距離8kmちょっと、トラブルなければ、さほどハードではないはず...
---
---

comments(5)